▲Top Page





「海の話」


さて「海の話」だ。

どこから話したものか。



 
■クジラの話

 

クジラは「まな板」といわれる台に引き上げられている。
体長約15m。口の形がイルカのそれのように細長く、槌に似ていることから 「ツチクジラ」と呼ばれる。

まず最初に、尾を切断する。
尾は上半分がすでに切り取られているので、なぜか
と思ったら、港まで曳航してくるのに尾があると船がまっすぐ進まないので切り取るんだそうだ。

まな板の上で作業をするのは5−6人で編成されたの職人チーム。

全員長靴をはき、その長靴のかかとには釘のように長いスパイクがついている。時にはクジラの上に乗っての作業をするためだそうだ。

真ん中に写る茶パツのおじさんが「頭」だ。

尾を切り取ると、背中に長く切れ込みを入れていく。

で、もう一本同じような切れ込みを入れると頭の方から巨大なバナナを剥くような感じで皮を剥く。

皮は厚さ15cmほどの脂と一体にになっていて、少し剥けるととそこにフックを差し込み、まな板の奥から延びているワイヤーをかけると、合図でウィンチを巻きバリバリと皮を剥がしていくのである。

この時の音がすごい。まるで建築現場でベニア板をバリバリバリッと剥がしているような壮絶な音がする。

ウインチに合図をする係も決まっていて、右手を高く上げ巻くような動きで微妙な調整をする。

で、職人たちは剥がれていく様子を子細にチェックして刃を入れる。

 

 
「アジ叩き」


「あんさー、アジいっぱいもらってきたんだけど食べない?」

先日、海からの帰り家まで送ってくれたZZだ。

「食べてもいいけど、手、これだから魚はさばけないよ」

「・・・・」

 

「じゃ、後で行くよ」と言ったきり連絡がないのでどうしたかなと思っているところへ携帯が鳴った。

「オレ、しばらくアジ見たくないから」


どうやら、40匹ちかくのアジを1人でさばいたらしい。

「魚おろすの、はじめてだったからさぁ、もう、手、ガシガシ。少し小骨残ってるかも知んないから、よろしく」

3枚におろして、皮までむいてくれている。
ありがたい話でないか。

 

材料:アジ(さばいてあるヤツ)、ネギ、ショウガ、ゴマ。

 

我が家にも骨抜きぐらいはあるが今はそれが使えない。

小骨に沿って包丁を入れ、取り除いたら食べやすい大きさに。

ネギもショウガも適当にみじん切り。

 

で、まな板の上でそれぞれを混ぜたらとんとんと軽く叩く。

うっかりすぐ写真にしてしまったが、ゴマを忘れてる。
ゴマはなくても良いのだが、あった方が美味しい。

 

で、この手のものは見逃さない小6の妹がすぐ飛びついた。

彼女は「とりわさ」だの「なんとかの叩き」だのに目がない。

彼女がまだ幼稚園の頃の話だ。
どこかで外食することになって、写真入りのメニューをひとしきり眺めていたが、「これにする」と指差したのは「サバの塩焼き定食」だった。
思いもかけぬ選択に 「しぶー」と家族は驚いたが、彼女はそんなところがある。

 


 


のんだくれ@きっちん さくいん


やってるうちに数だけは増えたので、食材で検索しやすいよう「さくいん」にしました。

 

魚貝

野菜
その他
牛の網焼き 毛ガニ ツナもやし ピータン豆腐
ポークソテー つまみタコ レタスのサラダ クリームチーズの酒盗和え
手羽と白菜の鍋 サーモンマリネ 大豆と昆布の炊きあわせ  
手羽のポン酢煮 貝焼き 酢醤油大豆  
つまみチキン 鱈豆腐  手羽と白菜の鍋
ご飯もの・麺もの
鶏つくね フリッター2 ジャガイモのそぼろ煮 コーンスープ
とりわさ イカフリッター ニラ玉 卵スープ
とり刺し イカのスペイン風 きぬかつぎ きつねうどん
豚・角煮 カレイの唐揚げ すだち サンドイッチ
ガーリックチキン ハマグリ鍋 叩きキュウリ in China そぼろ
豚角煮 シジミのニンニクしょう油漬け  簡単サラダ オムライス
ローストチキン2005つづき  鮟肝

冷やしトマト

にゅう麺
ローストチキン2005 牡蠣の陶板焼き 鬼おろし

おじや

牛スジ2005 ブリの照り焼き 浅漬け  
豚もやし かんぱち・かま・あら 叩きキュウリ おやつ
蒸し鶏

タコとトマトのマリネ

ラディッシュとクレソンのサラダ チョコバナナ
油淋鶏(ユーリンチー) タコのごま塩  大根サラダ  チョコアイス
ローストチキ? イカのビックリ & ワタ焼き ハッシュドポテト フルーツカクテル 
ゆで豚   シーザーサラダ  ポップコーン
蒸し手羽    はりはり鍋 フルーツポンチ
手羽中のしょう油煮    

レモネード

チャーシュー      
ローストチキン    
番外編
牛スジ豆腐     お茶の話
      お茶の話2(未完)