▲Top Page





「 秋の収穫 」


拾ってなんぼの貧乏料理!!


「 銀杏 」

材料:銀杏。

10月19日 8:55am

10月21日 9:23am

さぁて、今年も銀杏大作戦の始まりだぁ。

バケツに水を張り、銀杏を入れると、余計な枯れ葉が浮いてくる。ここでゴミをより分ける。

で、2年前100円ショップで買いそろえたプラスチックのバットとトレイがセットになったヤツに空ける。

さあ、2008年に始まって今年で3回目。
少しは知恵もついてきて、今年は新しい作戦に踏み切った。

これまた100円ショップで大きめのフリーザーパックを買ってきて、ここに洗った銀杏を詰め、水を注いで中の空気を抜きながらジッパーを閉める。

用心のためにフリーザーパックは2重に。

で、コンビニ袋で包み、こちらも用心して2重に。

この状態で約10日。水に浸けて銀杏の果肉を腐らせる作戦に出た訳だ。我ながら、それを思いついたときは小躍りしてしまった。これが作戦Aだ。

さて、これが10日ほど経った頃だと思う。小雨の降る日曜日の朝、こんな日なら人通りも少なかろうと、作戦Bを開始。

コンビニ袋を開け、2重にしてあったフリザーパックも取り去った。中にガスがたまっているようで袋は膨れている。

ためらうことなく、この袋をゴム手袋をつけた手でもみもみするのだ。

2008年の修羅場は、30cm四方のフリーザパックに閉じこめられ、当然それなりの匂いはするが、それにしたって1つずつブチュッと剥いてバットに入れることから考えたら家内制手工業に発達したような効率感がある。

で、10分ももみもみすれば、一通り剥けたようになるからバケツに空けて水を注ぐ。

すると、剥けた果肉は上に浮いてきて、銀杏である種は下に沈む。

上澄みを捨てて、2−3回水を替えれば残るのは身の入った銀杏となる。

左が果肉で、右が銀杏。

おー、なんという効率の良さ。

銀杏にこびりついた果肉をきれいにしてザルに空ける。

そのまま1週間、天日干し。

気温とか関係するのだろうか、今年の銀杏は少し小粒。


こちらも100円ショップでゲット。
お手製銀杏煎り器。

ーて、良い感じに乾いた今年の銀杏をいよいよ試食。

古封筒に10粒ほど入れて、2−3回折り返し、600Wで2分半に2セット。

2−3発、大きく爆発音がしたらOK

おー、翡翠色して旨そうじゃじゃないか。

殻を剥いて、塩を添えていただきます。

さて、新作お手製銀杏煎り試してみるぞ。

これまた10粒ほど入れて、弱火のコンロにかざす。

初めてのことで、焼き加減が分からぬが、まぁこんなものだろうと。

う〜ん。どうかなぁ。
やっぱり、電子レンジの方が、均一に火が入って美味しいかも。

「料理は焼きに始まって焼きに終わる」というから、焼きは難しい。

 
「 カリン酒 」

初の「ビーコン複数捜索ムービー」に取り組んだから、新宿御苑には足しげく通った。

ある朝、秘密の場所に向かっていると、前の日の雨で落ちたかカリンが一つ。しかも、土の上に落ちているからほとんど無傷。

桃がどんぶらこ川の上流から流れてきたような気分だった。

材料:カリン、35度以上の蒸留酒、氷砂糖。

さあ、初のカリン酒だ。

いろいろ調べると、「カリンはタワシで洗って何日か置いておくとまわりがベタベタになって、それが仕込みの目安」とか、「湯で洗う」とか、いろいろあって初カリン酒だから一通りやってみたが、それらしくならない。

まぁ、とにかくやってみるべと、ある晩、飲んだ勢いで実行に移した。

カリンは1cmkの輪切り。種ごと使う。

保存瓶にカリンを入れて、氷砂糖をばらばら入れて、度数47度のウォッカを注ぐ。

おー、丸々1本入れてひたひただぁ。

フタをして、2年越しの夢が叶った。

で、待つこと1年。

先は長い。

 

 


のんだくれ@きっちん さくいん 


(10.9.15更新)

 

魚貝

野菜
その他
手羽煮 シジミのニンニク醤油 冷やしトマト スダチ豆腐
豚味噌オムレツ スダチタコ そのまんまキャベツ ホットドッグ
豚味噌 タコとトマトのマリネ 山椒佃煮 アミエビ山椒
豚タン焼き ちりめん山椒 らっきょう キムチ鍋
豚の角煮 アジ焼き もやし鍋 チーズフォンデュ
ハーブポーク 牡蠣ガーリックアンチョビ 叩きキュウリ やっこ
モツ焼き エビお焼き 味噌キュウ 納豆オムレツ
とりわさ2 牡蠣のみぞれ鍋 冷やしトマト サニーサイドダウン
鶏の唐揚げ たらこのごま油和え ほうれん草サラダ 豆腐チョリン(まつかわ流)
ゆで豚 昆布の佃煮 銀杏 バーニャカウダ
牛スジ サーモンつまみ 蒸し鶏サラダ チーズディップ
鶏ブツとゴボウの煮物 エビ焼き タコとトマトのバジルサラダ ピータン豆腐
蒸し鶏サラダ 牡蠣の酒蒸し 叩きキュウり 2008 クリームチーズの酒盗和え
参鶏湯 カキの陶板焼き2009 手羽先と白菜の鍋 2008  
ゆで豚 2008 貝柱のバター焼き アボガドとクリームチーズのサラダ ご飯もの・麺もの
手羽先と白菜の鍋 2008 明太おぼろ豆腐 レタスとコーンのサラダ ジャージャーうどん
手羽先のしょう油煮 芝エビのガーリックアンチョビ 豚と白菜の鍋 海苔茶漬け
塩豚2 タコのガーリックアンチョビ ジャガイモのバターしょう油 トマタコ冷やし素麺
塩豚1 イカ肝バター炒め(まつかわ流) すだち 2007 ステーキ弁当
とり軟骨の唐揚げ アジ刺し(まつかわ流) ミョウガとシラスの梅昆布茶和え ステーキ丼
豚ニラキムチ じゃこ奴 レタス・ホットドレッシング 焼きおにおじや
餃子鍋 すだちを使ったサーモンマリネ ポテトの塩焼き 角煮丼
ローストチキン 2007 アジ叩き 手羽とレタスのスープ煮 トマタマうどん
ゆで豚 2007 韓国風マグロのづけサラダ アンチョビポテト 残り物ロール
ガーリックチキン 2007 貝柱焼き 長芋のたたき とろろうどん
チキンとポテトのローズマリー焼き カレイの煮付け ツナもやし カレーうどん
牛の網焼き タコのアンチョビオイル レタスのサラダ 焼きおにぎり
ポークソテー 明太ポテトサラダ 大豆と昆布の炊きあわせ

タマゴ雑炊

手羽と白菜の鍋 毛ガニ 酢醤油大豆 わかめスープご飯
手羽のポン酢煮 つまみタコ 手羽と白菜の鍋 ゆで豚丼
つまみチキン サーモンマリネ ジャガイモのそぼろ煮 即席タマゴスープ
鶏つくね 貝焼き ニラ玉 明太とろろうどん
とりわさ 鱈豆腐  きぬかつぎ オーロラ丼
とり刺し フリッター2 すだち おかか丼
豚・角煮 イカフリッター 叩きキュウリ in China スープのご飯
ガーリックチキン イカのスペイン風 簡単サラダ おにぎり雑炊
豚角煮 カレイの唐揚げ

冷やしトマト

冷やしワンタン
ローストチキン2005つづき  ハマグリ鍋 鬼おろし アンチョビ焼きうどん
ローストチキン2005 シジミのニンニクしょう油漬け  浅漬け マグロのづけ丼(参考)
牛スジ2005 鮟肝 叩きキュウリ とろろ蕎麦
豚もやし 牡蠣の陶板焼き ラディッシュとクレソンのサラダ
蒸し鶏 ブリの照り焼き 大根サラダ  コーンスープ
油淋鶏(ユーリンチー) かんぱち・かま・あら ハッシュドポテト 卵スープ
ローストチキ?

タコとトマトのマリネ

シーザーサラダ  きつねうどん
ゆで豚 タコのごま塩  はりはり鍋 サンドイッチ
蒸し手羽  イカのビックリ & ワタ焼き   そぼろ
手羽中のしょう油煮     オムライス
チャーシュー     にゅう麺
ローストチキン    

おじや

牛スジ豆腐      
      おやつ
      バナナセーキ
      大学芋
      アメリカンチェリー
      柿カップ
      チョコバナナ
      チョコアイス
      フルーツカクテル 
      ポップコーン
      フルーツポンチ
     

レモネード

       
     
番外編
      ゆずこしょう
      mkチョコ
      ナツヘイの塩 2007
      クジラの話
      ズッキーニのパスタ
      お茶の話
      お茶の話2(未完)

 ▲Top Page