チャーシュー


実は今回、別に当てにしていたレシピがあったのです。

お得意さまの壮行会でご馳走になった一品。
それはとても美味しく、「OK! 次はこれでイクか!」と一人合点で決めたのですが、相変わらずの段取りの悪さで「レシピくださいメール」が遅く、全然間に合わなかった。

で、家事に疲れた主婦のごとく、食材屋をぶらつき、手にしたのが「お買い得品」とラベルの貼られた「豚ロースブロック」。

今日のつまみは、これと、台所でしなびかけてる常備野菜の消費がテーマです。




 

材料
豚ロースブロック、長ネギの青いところ、ニンニク、ショウガ、しょう油、みりん、塩、コショウ。

   

まず最初に煮汁の仕込み。
何回か作り回しすると、自家製秘伝のタレができますが、今回は、はじめの一歩。

深い鍋に、しょう油カップ3、みりんカップ3を入れ弱火にかける。

 

煮汁が沸くまでの間に、香味野菜の用意。

今回は、野菜室に余った材料の使い切りを兼ねているので
長ネギの青いところ、ニンニク、ショウガで。

ホントは、写真ほど量の必要ありません。(豚ロースブロックが500g ぐらいであればこの半量で十分)

写真は、捨てるぐらいなら使ってしまえといった貧乏性。

   

しょう油とみりんが煮立ったら、上の香味野菜を加える。

煮汁は常に弱火です。
フツフツと小さな泡が浮くぐらいの弱火で、30分から1時間、気長にやってください。

煮汁の鍋は最後まで蓋をしません。

 

今回、唯一、買い出した「豚ロースブロック」。
850g。「肉のハナマサ」のお買い得品で\1,000強。

「ハナマサ」では、写真のような網で巻いたものを売ってるので便利です。
店頭には、似たような感じで「煮豚用」ってのがありますが(そっちの方がちょっと安い)、今回のチャーシューには「豚ロースブロック」がオススメ。

ざっと水で洗ったら、水気を拭いて、塩・コショウ。

フォークのようなものでブスブス突き刺すと、煮汁がしっかりしみ込みます。

 

塩・コショウした豚ロースブロックにフライパンで焼き色をつける。

脂身のところから焼きはじめて全体をこんがりと。

写真は、余裕をかまして少し網を焦がした絵。

 

ロースブロックを焼いてる間も、煮汁はフツフツさせておいて、オし、いくべ、と思ったら、煮汁に投入。

これで味の馴染みがさらに良くなる。

で、やっぱり、ごく弱火で、フツフツさせること1時間。

ロースブロックは、全体が煮汁に浸からないので、 アルミホイルやクッキングシートで落としぶたをして、たまに肉の上下を裏返す。

 

クツクツいって45分。
タレの煮詰まる臭いに堪らなくなって、 チビがやって来た。

「お腹、すいたぁ。なんか食べるものないのぉ?」

鍋の火を止め10分。
(ローストチキンでも何でも、肉のかたまりに火を入れたときは、必ずこの5−10分の我慢が大事)

ワタシは厚く切るのが好きでなく、2-3mmの薄切りにします。

 
で、これが、そのチビのおやつ。

小学6年の彼女は、変な菓子より、白いご飯としっかりした味の菜を好みます。

薄切りにしたチャーシューには、切ったときに皿に残ったタレを回しかけ、白髪ネギを添えました。

 

煮汁を仕込むのに少しばかり時間がかかりますが、かかるのは時間だけで、手間はありません。

ちょっと疲れて、買い出しも面倒だし、ねじり鉢巻きで料理をする気もない、なんて時にはオススメです。

作りおきしておけば、冷蔵庫で1週間持ちます。ラーメンにもチャーハンにも花を添えるので、一度お試しください。

最後の10分ぐらいにゆで卵を投入すれば、つまみはもう一品増えます。